猫がパンチ

【最高におすすめな格闘漫画】「喧嘩商売・喧嘩稼業日本一面白いんじゃないか?

    

最高の「格闘」漫画みーつけた?

これは本当におもしろい!「喧嘩商売」「喧嘩稼業

かつてジャンプで「幕張」ってギャグマンガ描いてた人ですね。で、このマンガ、タイトルからだいたいわかるとおり「格闘もの」。格闘ったら、「バキ」とか「餓狼伝」(どっちも板垣さんだな…)が一番メジャーだと思います。10年以上前に爆発的に流行って、いまだにチャンピオンで人気続いてるようですし。すごいですね。

ただ、バキってけっこう「理屈は無視、要は筋肉なのです」みたいなノリなので、
勢いあって面白いんだけど、なんというか、「二度読み」したい面白さとは違う感じなんですね。文字も極端に少ないんで、パラパラっと見て、ちょっと熱くなって、で、少し背筋に力入れてみて、「俺の背中にも、鬼の形相が…あるわけねーか」みたいな感じで終わるんです。

主人公は最弱? 何度も読み返したくなる「騙し合い」

一方、この「喧嘩稼業」は、何度でも読み返したくなる。購入してまだ2週間くらいですが、もう数回読み返しました。なにがそんなに面白いのかというと……

もう「喧嘩」じゃないんですねコレ。

「騙し合い」「仕込み合い」なんです。

主人公は佐藤ジューベイ、高校生です。出てくるキャラの中では、最強じゃありません。どちらかというと最弱(ほかが強すぎる)。でも、ジューベイはどんどん強敵を負かしていきます。殴り合い蹴り合いの勝負のまえに「仕込んでおいた」数々の罠や仕掛けで。純粋な筋力や格闘技センスじゃ負けてるのに、倒しちゃいます。他のキャラもそんな感じの思考の持ち主ばかり。誰も、「ひたすら純粋な強さを追求する」なんて考えてないんですね。

試合前の心理戦はあたりまえだし、敵に下剤食わせようとしたり、敵のセコンドに裏切りを促したり、ドーピング剤入手しようとしたり、とにかく「手段を選ばない」んです。スポーツマンシップのかけらもない。ピュアな高校球児なんかに見せたら卒倒する汚さ。ウンコ並みです。

卑怯で汚いからこその「リアル」

でも、だからだと思いますけど、とても「リアル」なんです。このひとたちは「金メダル」を求めてるわけじゃなくて、「勝負に勝ちたい」んです。 敵を倒したいんです。最後まで立っていたほうが勝ち、倒れたほうは、どんな理由があろうと負け。そういう世界なんですけど、これって現実の世界もけっこうそうだと思う。誰も口にはしないけど。

それがいいとか悪いとか、は別として、そのリアルさが、読んでてすごく生々しくて、熱くて、時々おそろしくもあるんですが、「そこまで勝ちに執着するか!」という驚きと、気づけば感動まで覚えてる自分がいるんです。

言っちゃえば「大人の喧嘩」でしかないんですけど、とある勝負を読み終わって…涙してしまった。格闘マンガで泣くとは、はじめてでした。読み返したときも、やっぱり泣きました。

喧嘩シリーズ……これは間違いなく、格闘漫画の歴史を変える名作です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です