暗闇に一点の希望の光

自殺する前に読め:自殺しようと思ってるお前に1つだけ言いたい

    

2人の女子中学生が電車に飛び込んで命を落とした。現場の状況から、自殺らしい。

映画「自殺サークル」(園子温)の冒頭シーンを思い出してしまった。

50人ほどの女子高生が新宿駅ホーム白線の外側にずらり並び、「いっせいの、いっせいの、いっせいの」と声を揃えて一斉に飛び込み自殺する場面だ。

ふと思った。

最近、若者の自殺が当たり前になってないか?

毎週のように「子供が自殺した」というニュースが流れてる気がする。もちろん子供だけじゃない。大人から老人まで、自殺という現象が日常化してる。

折しも昨晩、NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」で、秋田県の自殺防止NPO「蜘蛛の糸」の代表・佐藤久男(72歳)さんがテレビに出ていた(再放送)。

佐藤さんのもとへ相談に来るのは高齢者ばかり。夫に先立たれた寂しさと生活苦から
自殺を考える老婦人、3度目の会社倒産危機を迎えて「あとは首くくるしかない」と嘆く70代自営業男性など。

でも彼らは佐藤さんに相談を重ねるうち、未来に一筋の希望を見出し、「もう一度やってみる」と笑顔で帰っていった。

番組の最後で佐藤さんは言った。

「どんな絶望にも 光はある」

ものすごくざっくりな言い方をすると「老人が老人を励ましてる図だ」。そんな感想を抱いた。でもこうも思った。

「老人の粘り強さはすごい」

じゃあ、若者は?

若者と老人は違うのかもしれない。そもそも老人だって、皆が皆、上記の彼らみたいに持ち直したわけじゃないかもしれない。そういう比較は意味がないかもしれない。

でも、意味がなくても言いたい。

「死ぬな、若者たち」

自殺するくらいなら、全部やってからにしろ。お前が考えるいいことも悪いことも、誰かへの恩返しでも復讐でも何でもいい、全部やりきってからにしろ。

自殺する人の心境なんてわかりようがない。自殺したことがないから。しようとしたことはある。こんな世の中だからね。たいがいの人は一度二度思ったことあるだろ。

でも今こうして生きてる時点で、自分は結局たいして追い込まれてなかった。

だから本当に自殺を考えてる人に対して、ぼくの発言は無責任だ、無配慮だ。でもやっぱり言いたい。

死ぬな。

どうせいつか、皆死ぬんだから。人生最高に楽しんでるやつもそうじゃないやつも、ほどほどのやつも、人間も犬も猫も虫も鳥も植物も、みんないつか死ぬ。

だったら死ぬまで死ぬな。努力なんかしなくていい。

クソみたいな日々でもいいからとりあえず生きてろ。

「死ぬのも自分の権利だ」。わかる、それは間違いない。自殺は犯罪じゃない、かりに犯罪でも、生き物は自由なんだからなにしたっていい。自殺だってそうだ。それはわかる。

でも、それでも言うからな。

死ぬな。

生きててもいいことなんかないかもしれない。死んでも誰も悲しまないかもしれない。
人間の命なんて虫と同じかもしれない。(いや、そのとおりだ。人間も虫も魚も命はおなじだ。ひとつの命だ)

だけどな、

死ぬんじゃない。

自殺するほど追い込まれてるなら死んだ気になって今日だけ生きてみろ。

毎日「今日だけ生きてみるか」でいい。

ブルーハーツもこう言ってる。

生まれたからには 生きてやる
(THE BLUE HEARTS「ロクデナシ」)

それで、ひとまずいいじゃないか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です