チェルノブイリ原発事故現場が舞台のおすすめマンガ「創造者の罠」

スポンサーリンク
レクタングル大

実際の原発事故がモチーフ?隠れた超名作マンガ

お気に入りのマンガを紹介します。

絵のタッチとキャラのノリが独特なので、あまりマジョリティ受けする感じではない気もします。でも、原発事故後のチェルノブイリを描いたこの「創造者の罠」はすごいです。かなり空想を加味したフィクションではありますが。

マジでマンガとしての完成度が半端じゃない。

舞台は人類最悪の原発事故現場・チェルノブイリ

かんたんにストーリー紹介すると。

時代は現代(1999年当時くらい)。場所は東京。
主人公の男性(30くらい)は物理学者、専門は原子力。

彼は国から請われて「チェルノブイリ原発施設調査に同行」することに。

それで、主人公の知らないところで色々「コト」が進行しています。
実はこのチェルノブイリ原発に、世界各国が軍隊を送り込んでいました。

「原発地下で発見された、『ある生物』の調査」のために。

「石棺」と呼ばれるチェルノブイリ原発で何が?

ロシアの精鋭部隊がまず施設内で姿を消し、次に、よく世界最強みたいな設定でフィクションに出てくる英国特殊空挺部隊「SAS」までが……。

数時間後に発見されたSAS隊員は、かろうじて動いてはいるものの、皮膚はどろどろに溶け、眼球は飛び出し、手にしていた機関銃はなんと皮膚と同化して体の一部になっていました。

チェルノブイリからのこの報告を受け、アメリカ・ホワイトハウスが動き出します。

アメリカの特殊部隊と「使い捨て」として白羽の矢が立った我らが日本・自衛隊の合同軍が問題のチェルノブイリに向けて出発。

核専門家の主人公が依頼されたのは、このミッションでございました。

原発に潜入する漢たちの人間ドラマも見どころ

そんで、なんやかんやあってチェルノブイリに着くのですが、実は自衛隊の司令官が主人公の防衛大学時代のイッコ先輩。

一見やさおとこでナヨナヨな主人公なんですが、実際は防大時代にその奇抜で人を食った作戦立案で名を馳せていまして。

一方、このイッコ上の先輩はガチガチの帝国軍人タイプ

入学式の日、咲き乱れる桜の木の下で三島由紀夫の小説を読んじゃうような男なわけです。うーむ、かっこよすぎ。

そういう対照的な二人なので、顔を合わせれば衝突、というか一方的に先輩に殴られ……ていたものの、内心ではタイプのまったく違う相手を互いに尊敬し合っていました。

でも卒業を迎えるタイミングで、主人公は結局士官を選ばず、慰留するミシマ先輩に詫びつつ研究者の道に進んでいきます。

そういう過去のあった二人が、このチェルノブイリ原発のミッションで予期せぬ再会を果たすわけですね。

ミシマ先輩は開口一番「軟弱者が何しに来た!」と怒鳴って主人公を思いっきりぶん殴ります。

ひどい話。訴えていいですよコレ……。

チェルノブイリの最深部で主人公たちを待ち受けるのは?

ともあれチェルノブイリに到着して、さっそく日米両軍が展開します。

民間人の学者主人公君もガイガーカウンター片手に随行。

原発建物の外ですでにもんのすごい数値をしめすカウンターにびびりつつ、「すごい、すごい、僕は来たんだ、チェルノブイリに!」と大興奮です。

おいおい……何を喜んどる。

でも、そのちょっと倒錯した感じが不思議とわかる気がしてしまうんですよねぇ。

で、「こんな数値じゃ、原発内にとどまれるのはせいぜい数時間だ」と主人公は両軍に警告。

軍人たちは改めて脇の下を締めつつ、ミッションの目的地であるチェルノブイリ原発最深部めざしてLet’s go。

でも主人公はふと気づきます。

「人間が数時間しかいられないこんな危険な場所に、いったいどんな『生物』がいるんだ?」と。

このあたりから、ちょっと先の読めないぞくぞくな展開になってきます。

事故後誰も足を踏み入れたことのないチェルノブイリ原発最深部には、何が待ち構えているのか……

気になりますよねぇ。

原発事故現場を描いた数少ない作品

こんな展開です。作中のあらゆる要素が伏線になってて、前述のミシマ先輩と主人公の互いを認めながら反発しあう関係なんかも、ラストにしっかり生きてきます。

エンディングも圧巻で、読み終わったあと、無神教のぼくでもちょっと敬虔な気持ちになりました。

東日本大震災以降、原発ってワードはつねに取り扱い注意になってるし、最近ではテレビでもその手の話はあんまり見なくなりましたね。

チェルノブイリなんて単語、聞いたことないという人もけっこういるのでは?

NHKでたまに思い出したように取り上げているくらい。

マンガだと、知るかぎり「いちえふ」って原発後処理従事者の体験記があるくらいでしょうか。そんな現況なので、この「創造者の罠」はなかなか読まれなさそうです。まぁフィクションではありますしね。

スポンサーリンク
レクタングル大
スポンサーリンク
レクタングル大