転職をしたら保育園は退園?経験者が語る退職時の注意ポイント

2019年6月18日

小さなお子さんのいるお父さんやお母さんが、転職などで会社を辞める場合、

  • 「子供は保育園を退園しなきゃなの?」
  • 「保育園に落ちやすくなるの?」
  • 「保育園には伝えなくてもいい?」

など、いろいろな疑問が出てくると思います。

保育園を退園しなきゃいけないかも……という不安は本当に辛いものです。共働きでギリギリでやっている家庭だと、子供が退園になったら、どちらかが仕事を辞めないといけなくなってしまう。

そんなことを考えただけで、アタマが真っ白になります。このストレスは、同じ境遇でない人には想像もできないほどのものだと思います。

ぼくもつい最近、この苦しみを経験しました。そのとき、あまりの不安から、いろんなサイトを調べたりしました。

でも、どれも情報が断片的で、経験者の目線でわかりやすく書かれた記事がなかったんです。

そこで、同じように転職時の保育園への影響や退園の不安に悩む人たちが、この記事を読んで疑問を解消して安心してくれたらとても嬉しいです。

✔️目次【本記事の内容】

  1. 転職先を決めずに退職。息子は保育園を退園に?
  2. 無職と保育園の深〜いカンケイ
  3. 親が無職だと子供は退園しなきゃいけない?
  4. これから入園申請する子供に影響はある?
  5. 我が家はどうなったか?
  6. 具体的な手続きと書類について
  7. その他:転職や退職の際に気をつけたいこと
  8. 余談:転職活動はやっぱり余裕をもって臨むのがいい
  9. まとめ
  10. 追記:独立してフリーランスになりました
  11. 11.独立後の区役所・保育園関係の手続き

転職先を決めずに退職。息子は保育園を退園に?

恥をさらすようですが、つい最近ぼくの身に起こったことをカンタンにご紹介します。

前提:家族構成

  • ぼく 36歳 都内企業に勤める平社員
  • 妻  33歳 兼業主婦、現在育休
  • 長男 3歳   近所の保育園に通園中
  • 次男 0歳4ヶ月 11月に入園申請を予定

以下、時系列で我が家に起こったこと(ぼくが巻き起こしたこと)を見ていきます。

2018年5月:仕事に飽きる

2017年の夏に入ったばかりだったのですが、仕事に飽きてしまいました。そして、飽きたと自覚してることを毎日続けていると……病むんです

自分は貴重な人生の時間をムダづかいしているという、自己嫌悪が働くのだと思います。

2018年6月:会社に行かなくなる

仕事はしていました。リモートワーク推進している会社だったので、そこに乗っかったんです。当時まちがいなく社内でいちばんリモートワークしていました。週4とか。

でも、会社に行かないことで、さらに飽きてくるんです。同僚との繋がりが自然と弱くなってくるので、飽きがさらに加速。

悠々とリモワしてるはずなのに、勝手に鬱っぽくなっていました。

鬱っぽくなるのは、まぁ性分みたいなもので……昔はこんな状態に陥っている時期もありました☟

2018年7月:転職先も決めずに会社を退職

会社が悪いとかでは全くないです。単純に合わないという、それだけでした。

それで、人事に告げてからわりとスピード退社をしました。転職先も決めずに

退職の際は「退職代行業者」を利用しようかと、本気で検討しました。退職代行というのは文字どおり、退職の手続きもろもろを代行してくれる業者さんです。

退職代行のパイオニアともいえる「EXIT(エグジット)」は、Webで無料申し込みをするだけで、あとは担当者とLINE@だけでやりとりを進めることができるそうです。

退職代行にお願いしたいと思うときって、精神的にも参っているはず。代行業者とも、面談とか電話とかしたくない……。

という人も多いと思うので、LINEでテキストのみのコミュニケーションでOKなEXITはおすすめです。

料金も、相談段階では無料で、いざ退職代行をお願いするとなった場合だけ5万円がかかります。追加料金はなし。あとは会社への退職意思の説明も、面倒で気が重くなる手続きも、全部EXITが代行してくれます。

あと、最近伸びている退職代行サービスがこちら。顧問弁護士が監修するサービスだそうで、「退職代行っていっても安心して任せられるの?」と不安な人にとくにおすすめです。

【リンクはこちら】退職代行Jobs

2018年8月:悪夢はじまる(自業自得)

転職先を決めずに退職すること自体は、べつにそんなに問題じゃないのかなと思います。

もちろん転職サイトとか転職系のブログだと「次の勤務先を決めずに辞めるのは無謀すぎる」という意見が多勢です。

ただ、ぼくは30代前半のときにも一度「次を決めずに退職」をしてるんですけど、まぁ何とか次の仕事先は見つかっています。

しかし今回、完全に見落としてたことがありました。それが、「子供の保育園どうするの?」という問題でした。

無職と保育園の深〜いカンケイ

実は今回、退職することを妻にギリギリまで黙っていました。

夫婦仲は良好です。毎日、話もします。でもジョブホッパーで心配ばかりさせてきた自分としては、転職先を決めるまで言えませんでした。

転職活動を細々とやってたものの、なかなかしっくりくるところがなかったり、決まりかけた先が直前でNGになってしまったり……

そういうことがあって、奥さんにうまく切り出せずに7月下旬を迎えてしまいました。自分では当時そこまでテンパってた自覚はないんですが、やっぱりどこかおかしくなってたのかもしれません。

それで、「退職するんだ、次は決まってない」と打ちあけたところ、

「え? 長男が保育園やめなきゃいけないじゃん」
「次男は4月からの保育園、入れなくなるかもだよ」

と言われ、そこで初めて「無職と保育園の問題」を認識しました。本当にアホな父親……。

親が無職だと子供は退園しなきゃいけない?

結論からいうと「住んでいる市区町村」によって違います。経験者のサイトなど眺めてみた限りだと、次の3パターンに落ちつくようです。

  1. 求職期間として2-3ヶ月無職でも退園しなくていい
  2. 1ヶ月だけ無職でも退園しなくていい
  3. 即刻退園しないといけない

我が家は東京の江東区なんですが、江東区は1でした。最大3ヶ月の猶予期間があったんです。その間に再就職すれば退園はしなくていいということです。

市区町村によっては、3の即刻退園もあります。この方もそのようです↓↓

【ご参考】「転職したい・・・でも保育園ってどうなるの?」

2018年8月時点ではそうでしたが、いつ変わるかもわからないし、「え、3ヶ月だと思ってたけど違うの!?」ってのはほんとシャレにならないので、必ず住んでいる街の役所に最新情報を確認するようにしましょう。

保育課とか保育支援課とかに連絡すれば、大丈夫です。

ちなみに役所でもらえる「入園のしおり」にもこの猶予期間について書いてあるようですが、役所のパンフレットはページが多いし、ものすごく見づらいです。

ですので、最初から電話して聞いてしまったほうが確実だと思います。

これから入園申請する子供に、影響はある?

これも市区町村しだいなので、あくまで我が家のケースで話します。
参考程度にしてください。

  • 在園の子のケースと同じく、一定の猶予期間がある
  • その間に就職をすれば、入園申込み時の影響はない
  • ただし、申込時までに新勤務先での給与実績が必要

というものでした。

「新勤務先での給与実績」というのは、たとえば11月に入園申し込みをする場合、その時点で満1ヶ月以上働いていて給与を受けとっている必要がある、というもの。

そのため10月フルで勤務している必要があり、猶予期間そのものは3ヶ月なので8月1日〜10月31日まであるものの、実質は遅くても10月1日から勤務開始していないと下の子の入園にマイナス影響がある。

この情報は、区役所に聞かないと絶対にわからないことでした。

はじめに電話したときは「上の子の退園問題」にだけ気をとられていたのですが、落ちついてから下の子のことも伝えて聞いてみると上記の情報を知らされたんです。

怖いです。こっちから積極的に質問しないと、教えてもらえない。

ですから、役所に相談するときは、しつこくてウザがられてやるくらいのつもりで細部まで質問をぶつけましょう。

知らなかったではシャレにならないこともありますので。

我が家はどうなったか?

退園リスクで覚悟が決まり、必死で就職活動をした結果、8月20日から新勤務先に勤めることになりました。

  • 7月31日 退職
  • 8月  1日 無職
  • 8月20日 再就職

退職から20日後に再就職したので、上の子は保育園に残れました。

給与実績も9月、10月とフルで出るため、下の子の入園申請にもマイナスポイントは付かないとのこと。

不安なので区役所に何度も電話して聞きました。でもなんとか事なきを得て、ホッとしました。

具体的な手続きと書類について

ここではカンタンに触れておきます。退職、再就職時の手続き先としては下記があります。

  • 役所
  • 保育園
  • 次の会社

それぞれ、細々とした書類や提出物が必要になります。ここは直接電話して聞いてしまうのがベストです。

ネットだと全量がよくわからないのと、ヌケモレが不安で結局電話してしまう人がほとんどだからです。ダイレクトに確認しちゃったほうが100倍速いです。

その他:転職や退職の際、気をつけたいこと

そのほか、転職や退職をする際に気をつけておくべきことを、経験者の視点から書いておきます。

1.保育園への報告はしなくてもバレない?

正直に報告しましょう。黙っててもバレます

というのも、区役所の入園関連部署と保育園は密接にコミュニケーションをしています。

たとえば区役所に勤務状況の変更を届け出ると、その内容が1ヶ月以内に保育園側に知らされます。

だから直接言わなくてもいいと言えばいいのですが、可愛いお子さんを預かってもらう保育園ですから、信頼関係は築いておきたいもの。

「そんなの聞いてない」と思われてももったいないですし、転職も退職もべつに気後れするものじゃないので、正直に伝えるのがいいと思います。

また、保育園によっては、独自のフォーマットで変更届の提出を求めてくる園もあります。うちの長男の保育園もそうでした。

両親の勤務ステータスや子供の保険証番号などを記入して(区役所とは別に)保育園にも提出するので、結局隠しとおすことはできないんです。

2.年金はどうする?

退職翌日から次の勤務先で勤務スタートする場合は、年金の手続きは会社同士でやってくれます。個人が何かする必要は一切ありません

厚生年金が旧勤務先から現職へ移るだけなので。

一方で、退職から無職期間が発生する場合は別です。退職日をもって厚生年金からは外れます。でも、日本には国民皆保険という制度があって、国民は何らかの保険に加入している義務があります。

保険の種類は3つ。

  1. 共済年金
  2. 厚生年金
  3. 国民年金

ざっくり、公務員は1、サラリーマンは2、無職の人・個人事業主などは3、という区分けです。

国民年金は区役所・市役所など行政が管轄していますので、役所の窓口で加入できます。

3.無職と再就職が同月内なら、国民年金の支払は免除に?

あくまで江東区のケースです。念のため。

ぼくの場合、

  • 8月1日〜19日 無職
  • 8月20日 勤務スタート

でした。同じ月の中で、無職と再就職をしているんです。この場合、7月末で厚生年金が終わり、8月1日から国民年金になります。

ですが実質、「国民年金の支払いはしなくてよい」と言われました。

年金の加入有無は、あくまで「月単位」で考えるのだそうです。正確には、月末時点でのステータスに応じて、となるみたいです。

よって8月20日からまたサラリーマンとして厚生年金に再加入したぼくは、「8月も厚生年金の対象者」という扱いになり、空白19日間の国民年金の支払いは免除、というわけです。

ただ、手続き上、支払いの納付書は郵送されてきました。これが届くとビビりますが、電話で改めて確認したところ「破棄してOK」と言われました。

金額は多くて数万円というところですが、払わなくて済むなら助かります。条件が該当するかたはぜひ役所に確認してみてください。

4.医療保険の手続き

保険証をどうするかも、退職・転職の際には気になるところです。

余談ですが、転職のたびに「保険証がまだ来ない」とやきもきしています。今回も8月20日入社で、保険証が揃ったのが、なんと9月末。子供たちの分が全然こなくて驚きました。

けんぽ協会って、どんな仕事してるんですかね……

それで保険ですが、保険は結構奥深いです。あんまり奥深いので、他サイトに丸投げします。余裕があったらこの記事にも追記します。

下記の記事が非常に詳しいので、参考にしてみてください。

5.子供の医療証はどうなる?

子供の病院費用が無料になる制度のことです。本当に助かっています。保育園に通うようになってから、毎月のように何らかの病気にかかっているので。

医療証は、転職や無職になっても役所に返す必要はありません。裏側のデータだけ変更する必要があるそうで、それは役所でやってくれます。

ただ、親が無保険では、当然医療証は使えません。病院の窓口で事情を説明すると、だいたい立替払いで後日保険証が届いてから持参して精算となります。

全額負担の場合もあれば、1000円のみなど病院によって対応は異なるようです。

このあたりは事前にあれこれ調べてもキリがないので、実際に子供の通院が発生した場合に、病院と処方箋薬局にそれぞれ個別に相談するのがいいと思います。

余談:転職活動はやっぱり余裕をもって臨むのがいい

これは間違いないです。もちろん勢いも大事です。「とりあえずやめてから考える」もアリです。それでも何とかなるものです。

ただ、今回のぼくのケースでいえば、会社には失礼ですが割と妥協もしました。

もともとビビりということもあり、退園や入園への影響に終始ドキドキしっぱなしで、「もうどこでもいいから早く決めて落ちつきたい」という逃げの思考に陥っていたのは確かです。

ぼくの場合は運よくブラック企業ではなかったですが、とくに興味のある仕事ということでもなく、いま落ちついて転職活動をした場合、果たして同じ会社を選んだかというと……そんなことはないと思います。

その点でぼくの今回の転職にまつわる諸々の動きは失敗だったと反省もしてます。
みなさんには、在職中に、余裕をもった転職活動をぜひしていただけたらと思います。

ただ、在職しながらの転職活動は時間的にキツイ……という方は、転職エージェントを活用するといいかもしれないです。

転職エージェントは、自分に合う求人を紹介してくれるのはもちろん、職務経歴書の添削やキャリア相談、面接対策まで無料でサポートしてくれます。

仕事をしてるとそもそも転職のための時間がないですし、仕事の疲れやストレスのせいで、しっかり集中して自己分析したり求人を検討したりするなんて難しいですし……。

そういう難しくて面倒な作業は、プロに任せてしまうのもアリです転職のプロであるエージェントに作業を外注してしまう感じです。

転職エージェントは星の数ほどありますが、迷ったらDODAエージェントに相談してみるのがいいと思います。

ぼくも利用したことがありますが、丁寧な対応と的確なアドバイスをしてもらえますし、登録ユーザだけが紹介してもらえる非公開求人も好条件の案件が少なくありません。

まとめ

独身や夫婦だけのときは、転職・退職についてそこまで深く考える必要はないと思います。その場の勢いでもいいし、ただ飽きたから、という理由でサクッと辞めることも全然アリだと思い舞うsell。

もちろん子供ができたあとだって、とくだん転職・退職を重く考えすぎる必要はないです。

子供や家計を守ることは大事ですが、そのためにやりたくない仕事を続けて消耗するのもどうかと思いますから。

ただ、夫婦共働きで、子供が保育園に通ってる、または通わせようとしているという段階の場合、転職や退職がそこに与える影響を理解しておくことは大切です。

それによって、不必要にストレスを抱え込まず、結果的に悔いのない転職ができるのではないかと思います。

この記事が、小さなお子さんのいる親の方のご参考になれば嬉しいです。

追記:独立してフリーランスになりました

先月をもって会社を退職しまして、フリーランスになりました。まだどれほどの収益が出るか見込みがわからないので、ひとまず法人化せず個人事業主として開業しています。

退職&開業にあたっては保育園に影響がないか超心配で、もう何度も何度も区の保育園課に電話して聞きまくりました。

おかげで心配のタネも解消され、手続きもだいたい済ませて、2月6日現在、保育園から「出ていけ」とも言われていません。区役所にはかなり詳しく聞きほじったので、この辺の情報はまた整理して後日ブログにあげたいと思います。

独立後の区役所・保育園関係の手続き

上でも触れてますが、1月にサラリーマンをやめて独立しました。これまでも、転職のたびに保育園関係の手続きがあったんですが、今回は転職や退職とはまた違う独立開業。

それで、保育園や区役所にまつわる手続きに今回もボコボコにされましたが、いい機会なので必要な手続きをメモしておきます

【必要な手続きの一覧】※江東区のお話です。他自治体の方は参考程度に聞いてください

  1. 区役所
    • 保険の手続き
    • 年金の手続き
    • 保育課での手続き
  2. 保育園
    • 勤務変更届の提出

以下、ひとつずつ詳しく書いていきます。

1.保険の手続き

会社員だと、健康保険は会社が所属する健保協会の保険に入っています。その保険料は、毎月の給与から引かれています。

一方、独立すると個人事業主になり、基本的には国民保険に入ることになります。定年したおじいちゃんおばあちゃんとかと同じ保険です。

そのための手続きに必要なのは、以下2つ。

  • 離職票(辞めた会社からもらえる)
  • 過去の保険証番号(退職時に会社に返却するので、コピーとっておくか番号をメモしておく)

この2つを用意して、区役所の保険窓口に行けば手続きしてくれます。国民保険の保険証は、ペラペラした厚紙なのでちょっと見すぼらしい感じですが、手続き当日にその場で発行してもらえます。

ちなみに区役所(江東区だと東陽町駅そば)は遠いという場合、この保険と次の年金は、各エリアの出張所でも手続きできます。

2.年金の手続き

会社員の場合、実は2つの年金に同時加入してる状態です。

厚生年金と、国民年金。

前者の厚生年金は、会社員を辞めたら同時に退会となります。

それで、一方の国民年金だけに、改めて入り直す手続きが必要になるわけです。

手続きに必要なのは、

  • 離職票
  • 年金手帳

の2つです。これらをやっぱり区役所の、年金窓口に持っていくと手続きしてくれます。あと、さっきも書きましたが、区役所だけでなく、各出張所でも年金の変更手続きは可能です。

ちなみに「年金手帳」(青い小冊子みたいなやつ)って、転職とかするたび「どこだっけ?」と探す人が多いのではないかと思います。

この年金手帳は、はっきり言って普段まったく出番がないんで、家のどこに埋もれてるかわからなくなる。ぼくはたぶん無くしました。

でも、ぶっちゃけ必要ないみたいです、年金手帳。近所の出張所で対応してくれた職員さんも、「手帳ないならこっちで年金番号調べるので、いらないですよ」って言ってくれました。

そもそも、そんな大事なものなら、紛失リスク大の紙形式で渡さないでくれって感じもします。

3.保育課での手続き

保育課では、勤務ステータスが「会社員→独立」と変更になったので、そこにまつわる届け出をします。

提出するのは次の4つ。

  • 開業届控えのコピー
  • 勤務証明書(自営業用。区役所でもらえます)
  • 収入証明書(これも区役所でもらえます)
  • 支給認定証のコピー

必要なところだけ記入して、窓口に持っていく、または郵送すれば手続き完了です。

ただ、こういう書類ってどこを書けばいいかイマイチわからないので、その場合は窓口に持参して質問しつつ、その場で書き上げて提出すればOKです。

混んでいなければ、わりとじっくり教えてくれます。

なお、上記で「書類4つ」と言いましたが、支給認定証コピーは実際には不要です案内する人によって違うのか、あるいはこっちが前回聞き間違えたかは定かではないですが、最終的に必要ありませんでした。

役所って、こういうこと結構あります。手続きの案内チラシとかには「必要」と書かれてるけど、実際には全然いらなかった……みたいな。

年金の項目のとこで書いた年金手帳とか。

あと、マイナンバーとか、辞めた会社の保険証とかも、実際に手続き時に必要なのはそこに書かれてる番号であってカード現物ではないので、写メとか撮ってあればOKだったりします。

それを知らずに、「年金手帳がいくら探しても見つからない!」「マイナンバーカードってどこだっけ!?」とか騒ぐのは時間のムダになっちゃいます。

そういうときは区役所に電話して直接聞いてしまうのがいいと思います。けっこうな確率で「あ、それはいらないですよ」とか言ってもらえたりします。

4.保育園での手続き

保育園によるみたいですが、うちの子が通う保育園では、園独自に作ったらしい変更届の提出を求められました。

親の勤務状況なんかを把握しておきたいみたいで、自営になったこと・労働時間・休日の有無なんかを書きました。

前にも書きましたが、保護者が独立したとか転職したとかの情報は、区役所から保育園に直接いくそうなので、本来は保育園が独自に変更届なんかをこしらえる必要はないのですが。

別に減るもんじゃないので素直に提出はしましたが、こういうムダなことって、小学校とか中学に上がるにつれ増えてくんだろうなぁ……っていうモヤモヤは感じました。

5.その他:子供の医療証

子供の医療費が無料になる、親にとってはとてもありがたい「医療証」。保育園に行くと子供はしょっちゅう体調こわすので、医療証様には非常にお世話になってる親御さんも多いと思います。

この医療証は、健保から国保にステータスが変わったりしても、別にブツ自体を変更する必要はありません。

医療証自体は手元に持ったままでOKで、ただ、区役所側で管理してる医療証の裏っかわのデータを書き換える必要はあるそうです。

その際、医療証の番号が必要なので、これもマイナンバーとかと同じく、写メしてスマホに入れておくといいかもしれません。

  • マイナンバー
  • 保険証(退職した会社のと、現在使っているもの)
  • 年金番号
  • 医療証
  • 離職票

あたりは、スマホに写真入れておくと何かと便利です。

もちろんそれぞれ大事な情報だと思うので、うっかり他人に知られないようにした方がいいかもしれませんが。

6.忘れると地味に辛い:ハンコ

おまけですが、役所手続きの際に何かと必要になるのがハンコ。印鑑ですね。

Web界隈では「マジでいらないと思うもの」としてすっかり悪者のハンコですが、お役所ではまだまだ引っ張りだこです。

ほとんどの書類で押印が必要だったり、書き間違えの訂正印を求められることもあるので、カバンには常に1つ入れときましょう。100均の安いヤツでいいので。

もはや何の意味があるかまったくわからないハンコですが、押しさえすれば手続きがスムーズに進むんだから、もうバンバン押しちゃいましょう。

関連記事はこちら

その転職を失敗しないために。後悔のない転職をするには
【ベンチャー転職】こんな人は続かない。ベンチャーを辞めていく人の3つの特徴
「辛いから会社辞めたい」と思ったら試したい5つのこと
人生変えたい人におすすめの本!岡本太郎「自分の中に毒を持て」
転職サラリーマン敗走記:仕事に疲れて会社を休んでいた頃の話
転職サラリーマン敗走記2:甘えと逃避と迷宮のラット