その転職を失敗しないために。後悔のない転職をするには

スポンサーリンク
レクタングル大

転職経験者として伝えたい3つのポイント

転職歴がそれなりにあるためか、身内や知人から「転職ってどう?」と聞かれることがけっこうあります。

そういうとき、メリットとして次のようなことを伝えることが多いです。

・自己理解が深まり、自分の強みが再発見できる
・どこでもやっていける自信がつく
・身軽になれる

意外に思われることが多いのは、「え、給料は?上がらないの?」ということ。

もちろん上がることもありますし、それを一番の動機にしている人も多いでしょうが、ぼくは給料のことは考えなくていいんじゃないかと思ってます。

給料なんて自分が会社に提供できる価値の対価でしかないので、価値が上がれば自ずと高まっていくものですから。

(1)自己理解が深まり、自分の強みが再発見できる

これは転職活動を通じて得られるメリットですね。要するに自己分析です。

面接などに備えて、自分のこれまでを棚卸しする。やってきたことが整理される。強みと弱みが理解できる。思考や行動の傾向・パターンがわかる、などなど。

この思考活動をとおして、「自分は何者なのか。自分の強みは何なのか?」がより明確になっていきます。

また、転職エージェントや面接官との対話によって、思ってもみなかった点を武器として賞賛されたりすることがあるのもメリットですね。

これにより、自分の新たな一面をつかむことができます。

(2)どこでもやっていける自信がつく

上記ともつながりますが、自己理解が深まって強みが明確になることで、「自分はこういう場所、こういうシーンで着実に成果を出して貢献できる」というイメージがはっきり持てるようになります。

そうすると得意領域・不得意領域がくっきりしてくるので、「ここなら自分を生かせる」という空気をつかむのがうまくなります。

結果、高確率で成果を出せる場所、機会をたぐり寄せることができるようになる。

すると、どこでもやっていけそうだ、という自信を持つことができます。

逆に言うと「こういう領域では自分はまったく貢献できないわな」という諦観を持てるということです。

諦め=何かを捨てる、ということは人生において超重要なことですからね。これは貴重な学びです。

(3)身軽になれる

そのまんまです。軽くなります。身も、心も。

会社で仕事をしていると、知らずのうちいろんなものが溜まってきます。いろんなことに縛られるようになってきます。

それがストレスになるし、自分の自由な行動や成長を妨げる要因にもなる。仕事のストレス、人間関係、時間的束縛、意味の感じられないルーティン業務、などなど。

そうした一切をスッパリ捨てて、ゼロから身一つで新天地に飛び込む……これは引っ越しみたいなもので、経験するたび自分の中の余計なものがポイされていくのがわかります。

これがけっこうクセになる体験なんですね。いわゆるジョブホッパーには、こういう感覚が忘れられずに転職する、という人がけっこういるんじゃないかな、と思います。

以上です。

こんなところを「経験してみて感じるメリット」として転職相談をしてきた知人に伝えるようにしています。

経験談なだけに、まだ体験してない彼らにどこまで響いてるかはわかりませんが、このブログを見てくださった皆さんに少しでも届くものがあれば嬉しく思います。

スポンサーリンク
レクタングル大
スポンサーリンク
レクタングル大