自己紹介する営業マン

営業は最初に「能力の提示」をしよう

    

あなたの話は聞く価値がありますか?

いきなりぶしつけな質問ですいません。でも、これは営業を受ける顧客、つまりあなたのお客さんが心の中で思っていることでもあります。

新規営業、とくに営業マン側から電話や訪問、メールなどのアプローチをする「アウトバウンド営業」のシーンでは、まずお客さんに「話を聞く姿勢になってもらう」ことが大切です。お客さんが心を閉ざして耳をふさいでる状態だと、営業のあなたが何を語ってもハートには響きませんので。

そこで世間話なんかを含めたアイスブレイクをしたり、前回の記事でもご紹介したように「商談の目的(前提)をすり合わせる」という下準備をする必要があるわけです。

そしてそれ以上にだいじなのが、「この営業マンの話は聞く価値がありそうだな」と思わせることなんですね。それを、価値づけとか権威づけとか、あるいは「能力の提示」と言います。

要するに自慢です

能力の提示、というと何だかすごく仰々しいですが、言ってみれば「私、そして私の会社、こんなにすごいです」と伝えることです。自慢ですね。

ここでだいじなのは、

・商談のなるたけ冒頭で自慢する
・さりげなく、自然に自慢する
・相手にしっかり価値をわからせる

ということです。

商談の冒頭で自慢する

まぁ当たり前の話ですね。帰り際、営業の商談終盤にあなたのスゴさを伝えても意味がない。あくまでもはじめの段階で伝えましょう。

「チップは先に渡せ」という言葉があります。海外旅行にいくと、ホテルや飲食店でスタッフにチップを払いますよね。これを帰り際、最後に渡しても「ありがとう」と言われて終わりです。チップが相手の行為、つまりあなたへのサービスになんら影響することはありません。

でもチップを「先に」渡せば、受け取った相手はあなたに好感を持ちます。もしかしたら「がんばればもっともらえるかも」と思うかもしれません。そうしたらあなたが受けるサービスの質にもいい影響がありそうですね。

あなたの能力の提示、も同じです。「この人、この会社はこんなにすごいのか!」ということを『はじめに』理解してもらうことで、相手のマインドを高めることが期待できるわけです。

さりげなく自然に自慢する

これも当然ですね。わざとらしくやると嫌味なヤツ、て印象持たれて終わりです。自然さが重要なわけですね。具体的な方法は下記で詳述します。

相手に価値をわからせる

伝えるだけではいけません。ちゃんと理解してもらわないと。お客さんにあなたの価値、会社の価値を理解していただき、そしてあなたの営業の商談をしっかり聞こうというマインドになってもらう必要がえりますから。

自慢は「資料」にやらせましょう

じゃあ具体的にどうすればいいか?

簡単です。あなたの営業の資料にやらせるんです。これが一番自然でさりげなく、しかも説得力があります。

よほどの経験者でないかぎり、営業には何らかの資料を使っていると思います。会社紹介、サービス説明、具体提案、などなど。

これらの資料に、あなたの会社の実績や、あなた自身の手がけてきた成果を載せましょう。会社実績なら、たとえば導入企業の数、ユーザー人数、それから導入大手企業のロゴなんかが効果的です。「おお、あの最大手も入れてるのか!ならウチも……」となるわけですね。

会社規定の資料だと、あなた個人の成果を載せるのはなかなかハードルが高いかもしれません。そんなときは、ペラ一枚もののスライドをパワポで作って見せるとか、はじめの自己紹介の際に「前職ではこんなことをしてまして……」とさりげなく経歴を披露するなどして、ご自身のブランディングをするといいかと思います。

これも「営業のコツ1」と同じく、明日からでも試せるテクニックです。今よりも成果をあげたい、または少しでも実績を出したいという営業マンの皆さんはぜひお試しください。

関連記事はこちら

デキる営業のコツ1「前提を揃える」

デキる営業のコツ3「ネクストアクションを決める」

カテゴリー: 未分類 | 投稿日: | 投稿者:

神谷ボコ について

Saas系スタートアップで営業・コンサルのお仕事しています。2歳わんぱく坊主と0歳予定の二児オヤジ。サラリーマンをしつつ、夜な夜な小説書いてはネット投稿→ https://kakuyomu.jp/users/POKOPOKKO 守備範囲は営業、転職、小説、筋トレ、音楽、家事育児。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です