「部下はいつだって辞めようとしてる」と思ったほうがいい

スポンサーリンク
レクタングル大

定着率の悩みは尽きない

仕事がら、経営者やそれに近しいマネジメント層とお話しすることが多い。

で、よく話題に上がるのが「人が定着しない」。部下が入っては辞めていく、とのこと。みなさん揃って頭を悩ませている。

でもそういう会社のオフィスを覗いたり社員さんと接してみたりする限り、別にブラックな働き方させてるわけではなさそう。

求人条件などを見ても、給与水準が絶望的に悪いわけでもない。

経営層もそう思ってるみたいで、どうしてかなぁ、という感じ。

でも一方で、平社員として各社を転々としてきた自分には辞めていく部下の人たちの気持ちがわからないでもない。

誰だって今よりいい場所を探してる

辞めていく理由というか、

人は誰だって「今よりいい場所」を探している

ということなんだけども。

こんなのは昔からいつだってそうだと思うのだが。

今はとくに、「いい場所みつけた!」となったときの意思決定と行動のスピードがみんな段違いに速くなっている、ということだと思う。

そのあたりが経営層、総じて40代以上とかのおっちゃんにはちょっと理解できないのかもしれない。

ぼくも会社を辞めるたびに、当たり前だが上司を呼び出して「ちょっとお話が…」と退職の相談を切り出してきたのだが、毎回「え、なんで!?」と驚愕され、決まって裏切り者みたいな目を向けられてきた。

彼らの中では退職する人というのはウツ気味な感じに追い込まれてしまった人とか、全然仕事ができなくてつまらなそうにしている人とか、そういう人だけが対象なんだと思う。

それなりにいい感じに仕事に取り組んでいる人間については、まさか会社やめようと裏で動いてるとはツユにも考えないのだろう。

でもくりかえすが、そんなことは全然ないわけで。

別にだまし討ちしようと裏でこそこそ動くつもりもなくて。

単純に、いつだって「もっといいところ」を探しているだけなのだ。

いいところの基準は人それぞれだけども。

だから経営者やマネジメント層の方々、それにこれからそうなっていこうと目指している方々は常にこのことを当然の事実として捉えておいたほうがいい。

部下はいつだって辞めて次のとこに行こうと考えている

のだと。

スポンサーリンク
レクタングル大
スポンサーリンク
レクタングル大