時給2000円?いや、もっと上げられるかもしれません

2019年5月24日

突然ですが、自分の時給を考えたことがありますか?

アルバイトとかパートの人だったら「時給1,000円」とか、明確なのでもちろん把握していると思います。

これがサラリーマンとなると、なかなか時給って意識しないものです。
でも自分の時給を意識することで、より効率的に稼いだり、もっと時給単価を上げにいこうというモチベーションにもなる気がします。

そもそもあなたの時給はいくらか

アルバイトは別として、時給制ではないサラリーマンの場合、自分の時給が何円なのか正確に把握していないことが多いと思います。

同僚なんかとそういう話題になることがあっても、みんなしっかり計算して理解していることはほとんどないです。

大ざっくりと「1,500円くらいかな」「2,000円はいってなさそう」という感じで。
残業してますとか土日に自宅でもやってます、とかだともう複雑で考える気も失せますから。

平均的なサラリーマンの時給は2500円?

試しにひとつ計算してみます。

たとえば年収500万円(額面)だと
5,000,000円÷(1日8時間×週5日×52週)=2,404円
となって、だいたい「時給2500円」というところ。

残業なし・土日出勤なしの超ホワイト条件でこれだから、実態はもう少し下がって概ね時給2,000円あたりだと思います。ぼくもこれくらいのラインです。

ところが、それが本当に自分の市場価値かというと、案外そういうわけでもないんです。

上記の時給2500円というのは、あくまでその会社があなたに支払う金額です。
とくにサラリーマンは、多くの場合ジェネラリストとしての採用が前提。総合職とも言いますね。よくも悪くも、何でも屋です。

最近は、「その人の強みを生かすことに集中しようね、そのほうが効率的だし生産性高いから」という、得意・不得意への理解もだいぶ広まってきてはいますけども。

それでも大半のサラリーマンは、自身の専門性や得意領域そのものに値段が付いてるわけじゃないんですよね。やっぱりジェネラリスト的に評価が付いての給与金額ということになってるわけです。

会社の外に出ると時給は上がる?

これは何も「俺たちは企業に不当に安く買い叩かれている!」ということでは必ずしもないです。

その逆もじゅうぶんあり得るわけなので。

たとえば、サラリーマンとしてはまったく無能で何の役にも立たないような人が、たまたま大企業に入れたことで、本来の適正価値よりもずっと高いお給料をもらっているということもままあるわけで。

そういう人は大企業から外に出たときに、初めて自分の本来の市場価値を突きつけられて愕然とすることになるわけですが。時給2500円でも高かった、という。

まぁそれは余談なので置いておきます。

今回話したいほうで言うと、「会社の外だともっと時給って高い値がつくんじゃないのか?」というほうの話です。

自分の時給=市場価値を知るための方法

サラリーマンが自分の適正価格を知るための、一番メジャーな方法は転職だと思います。ただ転職も、結局は企業というフィルターを通しての評価なので、今回は別の方法で試してみました。

それが「ビザスク」です。ビザスクは、企業人やフリーランスの「専門性」にフォーカスしたマッチングサービス。ビジネス上の課題をかかえたクライアントと、その解決策を持っていそうなプチ専門家をマッチングするアプリです。

似たようなサービスに「サンカク」もありますが、こちらは基本的に無償が前提です。サンカクはあくまでもボランティア的に、他企業の事業開発などに参画しようというのがコンセプトです。ですので、時給チェックには向いていません。

一方でビザスクのほうは、「私こんな課題を持っていて、だからこういう専門性のある方に話聞きたいんだけど、あなたの1時間を2500円で買わせてもらえますか?」というコンセプトのサービス。

なのでバッチリ自分の「専門性」、つまり価値を時給換算することができるわけです。

実際にやってみた。2500円の時給はいくらに?

で、じゃあ実際にやってみてどうだったかというと……
1時間5000円、
にてマッチングが成立しました。

ぼくのビジネス上の専門は営業コンサル(厳密にはSaas系のカスタマーサクセスコンサル)で、今回マッチングしたのもその領域の案件でした。

ビザスクのサイトに入って案件を検索して、提案してOKをいただきました。先方のレスポンスが早かったのもありますが、たぶん1時間くらいでマッチング完了したんじゃないでしょうか。

もちろんクライアントの払う5,000円には、運営元であるビザスクへの手数料も含まれています。だから時給5,000円が全部ぼくの懐に入ってくるわけではありません。それでもクライアントは、その経費込みでぼくに時給5,000円を払うと判断してくれたわけで。

素直に嬉しかったです。「あ、こんな俺でも、評価してくれる人が社外にいるんだ……」
そう思える体験をしたというだけで、なんだか明日からがんばれそうな気がします。

というわけで、冒頭で示した「だいたい時給2000〜2500円」から考えると、ビザスクでは2倍〜2.5倍で評価してもらえた、ということになります。

時給が5倍になるケースも

今回は時給2500円→5,000円という結果でした。

でも、さらに3倍、4倍と伸ばしていくこともじゅうぶん可能なはずです。

相手の課題の切迫さによりますが、その解決策を持ちうるのであれば、カフェで1時間相手の話を聞いてアドバイスをするだけで10,000円とか15,000円という案件もあります。

実際、今回は申し込みませんでしたが、ビザスクの公募案件の中には1時間10,000-15,000円の案件もふつうに存在していました。そうすると、時給2500円とすると、5倍どころか6倍の金額になります。

「自分の時給はいくらかな?」と今の給与額で算出してみて、ちょっと悲しい気持ちになった人もいるかもしれません。そういう方は、ビザスクで得意領域の案件に応募してみてください。会員登録は無料なので、とりあえず登録だけしておいてもいいと思います。

プロフィールを詳しく入力しておけば、マッチする案件があったら自動で通知メールももらえます。

副業もアリ。お金も稼げるし、自分の新たな可能性に気づくことができる

ビザスクのようなスポット的な単発仕事だけじゃなく、もう少し本腰を入れた副業をやってみるのもおすすめです。

副業については、どんなものがあるか、どうやって始めるか、などはネット上に無数に情報がありますので、現時点で何も分からなくても問題ありません。必要なのは、やる気だけです。

まとめ

結論としては、時給2500円のサラリーマンも、社外に出れば時給5,000円も夢じゃないとわかりました。

ご自分の時給に不満を感じる人は、ビザスクのようなマッチングアプリを上手に活用して、自分の市場価値をチェックしてみるといいかもしれません。

なお「自分の市場価値がわからない」という人は、下記の「MIIDAS」に登録するのも良さそうです。自分の市場価値を把握することができます。