「テレビよりYoutube」はネット小説創作にも通ずるよな、と改めて思った話

音声メディアのVoicyで、はあちゅう氏とゲストJDユーチューバーの会話が興味深かった。

以下、ざっくり引用。

はあちゅう氏:「テレビって観る?」
ユーチューバー氏:「観ないです。Youtubeばっかりです。だって、テレビだとできないこともYoutubeならできるから。テレビじゃできないものすごくバカなことやってるとか、そういうの観たいじゃないですか」

とのこと。

確かに……。俗に言うかは知らないが、「メジャーの縛り」というやつである。

テレビはメジャー。昔に比べ明らかに存在感も存在意義も減ったが、それでもまだまだパワーのある代表的なメディアであることに変わりはない。

一方Youtubeはというと、たぶん視聴者人口と視聴時間で見ればテレビとそう大差ないんじゃないかと思うが、「好きなときに好き勝手に観られる」という便利さが逆に働いて、どうも「生活のド真ん中にあるメディア」という感じはしない。やっぱり旧態依然ながらテレビという不動のメディアがあって、その対極にそれを脅かすものとして位置する、という感じがする。

そんな感覚をまだ持ってること自体が、時代の変化についていけてないことの証左かもしれないのだが……

いや、「対極」というか、もうまったく階層位相の違うところにあるんだよな。テレビって家族やグループみんなで、わりと強制的に楽しむことを前提としたメディアなわけで。だから「誰でもそれなりに楽しめる」ようにできていて、よって「誰もめちゃくちゃ楽しむことはできない」ものでもある。要するに、ターゲットが最大公約数なのですべてが薄味で中途半端ということ。

対するYoutubeはユーザー数とコンテンツ規模でいえばすでにバカげたスケールなのだが、テレビと違い基本的には個々人や小人数での自由な時間での閲覧を前提とした、非常に分散化されたメディアなので、みんなで同時に一緒に体験、みたいな存在感はあんまりない。もともとそういう強制メディアなテレビへのアンチテーゼとして生まれたものだと思うのでそりゃ当たり前だが。

で、何が言いたいかというと、この「テレビとYoutube」の構図って、ちょっと参加人口では悲しいほど見劣りしそうだが「書籍小説とネット小説」にそのまま適用できそうだということ。

出版社の意向を基本的には考えなくていいネット小説は、リア何が言いたいかというと、この「テレビとYoutube」の構図って、ちょっと参加人口では悲しいほど見劣りしそうだが「書籍小説とネット小説」にそのまま適用できそうだということ。ルで出版される書籍に比べると社会での存在感、認知度はまだそこまでではないと思う。ネットで読めるフリーの小説としてそれなりに人気の作品でも、世の中全体で見れば全然知られていなかったりする。

仮に100万人の読者がいて1億PVを誇る怪物作でも、芥川賞を受賞し書店店頭にうず高く積まれた「火花」に比べればカスほども存在を知られていないわけで。

でも、じゃあネット小説はリアル書籍小説より作品として劣るかというと、一概にそんなことは言えないのではと思う。

文章の読みやすさや情報の正確性、ストーリーの整合性などについては、これは出版社を通して編集者という第三者がしっかり関わった書籍のほうが絶対に上だ。それは間違いない。

だから書店に並ぶ小説は「どれもそれなりに安心して読める」。一定品質が保証されている。しっかりフィルターもかかっているので、読んで過度に不快になる表現も、不安になる内容もない。

他方でネット小説は、いわば「作者直販」なので、何らフィルターがかかってない。著者の頭の中の考えや世界観をそのまま丸ごと提出できる。

なので、ちょっと過激に過ぎるラディカルなものや、思想的にかなりキチガイじみたもの、誰も言わないけど本当のこと指摘してるよねというバカ正直なものまで、それこそ探せばいくらでも見つかると思う。

もちろんアマチュアが誰のフィルターも通さず書いているために、構成や文章レベル的にアレだったりして読むに耐えないものもあるのだが、少なくとも「メジャーでは絶対に書けない世界」に挑戦してるならば、ものすごくニッチでもそれなりの需要があるに違いない。

市民権は得てきたものの、まだまだメジャーたりえないネット小説「ならでは」の可能性を、イチ創作者として飽くことなく追求していきたいと思っている、

という思いを改めて実感するに至った、というわりとどうでもいいお話。

スポンサーリンク
レクタングル大
スポンサーリンク
レクタングル大