「あたしおかあさんだから」が炎上?黙って聴いて、泣け

元・歌のお兄さんの横山だいすけさんが歌う「あたしおかあさんだから」が炎上している。

「勝手な『あるべき像』を押しつけてる」
「母親に自己犠牲を強いるな」
「結局ワンオペでママはボロボロなんだよ」

みたいな批判が渦を巻いているそうで。

で、実際に聴いてみた。

ハートが震える素晴らしい歌じゃないか。

これを聴いて自分の母親を思い浮かべた人は多いはず。歌詞にあるほど自己犠牲自己犠牲してたかはわからないが、我が子である自分に無償の愛をそそいでくれた母親に対する、語りつくせない感謝の気持ちが浮かんだはずである。

それだけで、いいじゃないか。

我が家にも小さな子供がいて、共働きの妻(とぼく)は睡眠ややりたいことを多少なり後回しにして子供のことに時間を使っている。体力を使っている。神経を使っている。

でもそれが辛いことだなんて微塵も思ってない、はず。

それは子育てというものが、本当に何ものにも代えがたい喜びと感動を、人生にもたらしてくれるものだからだ。

これは実際に当事者になってみないとわからない。絶対にわからない。

でもなってみればわかる。子供はかけがえのない宝で、自分自身の欲求や願望を少しくらい後回しにしてでも大切にしたい存在であると。

そういう心境に至った親としてこの曲を聴くと、ちまたで挙がっている批判の声はまったく意味がわからない。

また、そういう心境で自分を育ててくれた親の子供としてこの曲を聴いても、やはり真っ先に浮かぶのは怒りや違和感のような感情ではなく、無償の愛で接してくれた優しい母親への感謝の思いだ。

そしてこの歌は、そんな親と子供に向けて作られ歌われた曲だと思う。

ギャーギャー騒ぐでない。

無心で聴いて、母親を思い浮かべて、泣け。

それでいいじゃないか。

スポンサーリンク
レクタングル大
スポンサーリンク
レクタングル大